鼻ニキビの治し方の基本とは

しばしば起きることで鼻にニキビができることがあります。
鼻にできたニキビを治したいとは誰もが願うことです。

 

できたニキビは治さなくてはなりませんが、
そしてこれらの治し方はそのどれかを実施すればよいということではありません。

 

つまり鼻のニキビの治し方は複合的なケアが必要なのです。
そのケアは、やたらとニキビを刺激しないで、そっと丁寧に洗顔をすることです。
この際の洗顔は朝と夜の一日に二回で十分です。

 

 

次に夜は10時か11時には寝床に入りしっかりと睡眠を摂ることが大切です。
寝不足はニキビの大敵で、さらに便秘にもなることがあります。

 

便秘になると新陳代謝機能が低下してニキビに影響します。
またニキビの犯人は皮脂で、皮脂が毛穴に詰まるからです。
ですから皮脂のもとになるポテトチップスなどを食べ過ぎないようにしなければなりません。

 

さらにストレスはニキビには悪い影響を与えます。
ストレス自体が直接ニキビになるのではありませんが、
ストレスはニキビの原因になる自律神経の乱れを誘発するのです。
さあ、嫌な鼻のニキビの治し方はこれでお分かりですね。

 

繰り返しましょう、きちんと睡眠をとる、ストレスを溜めない
食事はバランス良く、ビタミンCを摂取して、
さらに便秘にならないように気を付けることなどです。

ニキビと汗の関係について

ニキビと汗とは何か関係があるのでしょうか?
実は大ありで、汗をかくことでニキビが治ることがある一方で、
逆に汗がニキビの原因にもなるという両刃の関係があります。

 

汗は正しくかくことが大切!

ニキビを治すためには汗をかくことがいいのですが、それは汗で肌の老廃物が排出され、
新陳代謝が活発になるからです。
すなわち、汗をかくことはニキビにとってはいいことなのです。
ただし問題は、汗をかいた後のお肌のケアにあり、ケアを間違えると、
今度はニキビの原因になるのです。

 

 

ニキビに悪い汗と良い汗とは

汗は皮脂分の多い汗とサラサラとした汗があり、皮脂分が多い汗はだと
ニキビができやすいのです。
暑い夏にかく汗で、この汗をぬぐうのにはウエットティッシュが効果的で、
それは肌に水分を補給しながらの汗ふきだからです。
なお、脂取りシートは多少はいいのですが、使いすぎると、
肌に必要な皮脂も取り除いてしまうことがあるので、注意しましょう。

 

 

正しい汗の対処法

運動やサウナやお風呂などでかく汗はニキビには効果的ですが、
汗をかいた後でそのままにしておくと、逆にニキビの原因になることがあります。
汗をかいた後は、シャワーを浴びるようにしましょう。
シャワーが使えない時は、タオルやウエットティッシュで体身体全体の汗を拭きとることが大切です。
ただし、あまり強くゴシゴシとこすらないようにしましょう。

 

また朝の起床後にシャワーを浴びる、いわゆる朝シャンはおすすめです。
寝汗で濡れた枕も首や顔のニキビの原因になることがあります。
いずれにしても汗をかいたままにしておかないようにすることが、
正しい汗の対処法です。

 

鼻のニキビの治し方を学ぶ1つとして、汗に関することも
覚えておきましょう。

更新履歴